コミックは電子書籍がいいかな

MENU

良くなっている電子書籍業界

携帯で漫画を読むのが普通、になってから随分経つ。かなりの市場である。

 

最近の電子書籍の業界は以前と比較してもかなり良くなりました。私は携帯電話で電子書籍を見ていたのですが、かなり制限があって苦労した思い出があります。あのような時代とは全く違う時代になりました。

 

特に一番の問題点となっていたのは「閲覧期限」があったこと。これは一番悩みましたね。単行本など一度買ったらずっと自分の物なのに、電子書籍の場合は一定の期間を過ぎると閲覧できなくったりする。

 

一時「馬鹿らしい」と思った時期もありましたが、今では閲覧期限がないサイトばかりなのでちょっと安心です。

 

しかし今でも「1話」など「話配信」で購入したのは期限が設定されていたりする。まあ、あまり問題でもなさそうですけど。

 

また私自身のお気に入りは巻単位で購入することです。丸々一冊読めるのが大きい。時間つぶしにもなりますので。

 

購入している漫画サイトですが、コミなび(めちゃコミ)のホームページが活躍している感じです。スマホで比較的有名なサイトの一つになるのではないでしょうか。

 

巻で販売していて無期限に対応しているので、コミなびは役立つ感じです。私自身登録して結構長いのですが、不自由なく利用できています。

 

ボイス付電子書籍というのがある

電子書籍には動く漫画などの斬新な取り組みをしているものも多く、これまでにはなかった読書体験ができるようになってきました。

 

ますます漫画の楽しさが広がってきていますよね。そんな中、大手出版社などでは独自の展開として、ボイス付の電子書籍販売なども精力的に行っています。

 

声優を起用して漫画作品にボイスを加え、抜群の臨場感を演出してくれるのです。ボイス付の漫画は、もはやさながらアニメのようですらありますよ。

 

まだアニメ化していない漫画のボイス付電子書籍は、今後その作品がアニメ化した際にはどんな雰囲気になるのかを想像することもできるので、ファンから注目を浴びています。

 

まだまだ一般的に普及しているとは言えませんが、今後電子書籍にしかできない演出として発展していくことでしょう。

更新履歴